mainimg

毛穴ケアって?

スキンケアで大事なことに、毛穴のお手入れによってにきびや肌の炎症を防ぐことがあります。

毛穴というのは顔や頭皮だけで約20万個、体のほとんどの部分に存在しています。

毛穴から皮脂が分泌されるという性質から、汚れが詰まりやすいことがあります。

皮脂が分泌されることで、肌は適度な水分を維持しています。

一方で皮脂が多いと毛穴の黒ずみや、角栓などを作る元ともいえるのです。

皮膚の炎症やにきびは、毛穴に詰まった角栓や黒ずみを長期間を適切にケアしなかったために、肌荒れになることと関わりがあります。

毛穴ケアをすることで、にきび対策効果も期待できるといいます。

スキンケアの最中に、毛穴の黒ずみや角栓が目につくことがあります。

特に鼻の頭など、黒ずみになりやすく、気がついたら、ぽつんぽつんと黒くなっていたって事があったという人が多いのではないでしょうか。

毛穴に目詰まりを起こしている皮脂を除去することで、にきび対策にもなります。

皮脂汚れを放置しておくと化粧ノリが悪くなったり、しみやくすみの原因になりますので、こまめなケアが大事です。

毛穴ケアは、洗顔、ピーリング、毛穴パック、引き締めなど、いろいろとあります。

全部の方法を実践するのではなく、現在の毛穴がどんなコンディションなのかによって適切なケアを選択することが重要です。

毛穴ケアと洗顔

毛穴ケアの方法は、いろいろとありますが中でも一番の基本といわれているのが洗顔です。

毛穴汚れとは、皮脂の分泌が多すぎて毛穴の目詰まりが起きる状態です。

不要な皮脂を除去し、肌を清潔な状態に保っておくことが、毛穴のケアの基礎となります。

洗顔料の選択も重要です。

洗い落とす力が強すぎると肌に負荷がかかるため、洗顔石鹸や洗顔クリームなどでそっと洗い上げます。

まずは、石鹸や洗顔フォームから、きめ細かな泡を作ります。

直接指で顔に触れないように泡を額から鼻に乗せ、円く指を動かすようにしながらそっと顔を洗ってください。

洗顔する時にごしごしと強くこすると、よく落ちるような気がしてしまいます。

強くこすると肌にダメージがいくだけでなく、有用な皮脂汚れを落としてしまう場合もあります。

すすぎばぬるま湯を使い、すすぎ残しがないよう流します。

顔に残った水分を拭き取る時はこすらずタオルに水を吸わせるようにし、仕上げに化粧水などで十分に保湿をしてください。

スキンケアは洗顔のすぐ後に、間をおかずにすることです。

時間が経つと毛穴が閉じてスキンケアの効果が薄れます。

顔を洗った後に放置しておくと、化粧水がしみ通りません。

毛穴ケアのためには、肌のターンオーバーである28日以上は毎日続けることが大事です。

毛穴ケアとサプリメント

毛穴ケアの定番ともいえる方法は毎日の洗顔、スキンケア、ピーリングなど皮膚に対して何らかの処置を行うというものです。

肌の調子を整えるには、体内に肌を整えるためのビタミンやミネラルを取り入れ、その作用によって内部から影響を及ぼすというやり方もあります。

毛穴から分泌される皮脂を適度な量に保ち、毛穴の開きをストップするには、抗酸化作用があるビタミンがおすすめです。

洗顔料は洗浄力が強すぎても良くないので、弱酸性の洗顔クリームや、洗顔専用の固形石鹸などが毛穴ケアには向いています。

体内に存在する臓器などの改善には、ミネラルが効果的です。

ミネラルは肌の新陳代謝を良くし、肌荒れに悩む皮膚の改善効果があるといいます。

コラーゲンを用いることで、たるみの目立つ肌とその毛穴をキュッと締めることができます。

たるみの原因として考えられるものに、老化による皮膚のコラーゲンの減少です。

たるみの出た肌に何のケアもしないでおくと、皮膚が下方に流れて毛穴が目立つようになります。

コラーゲンは、新陳代謝を促すだけではなく肌のハリや柔軟性を保つ成分です。

皮膚を引き締め、毛穴が目立たないようにするにはコラーゲンはとても役に立ちます。

サプリメントによる栄養摂取なども上手に利用することで、毛穴ケアを行いましょう。

イーモリジュの効果って?

あの楽天ショッピングのランキングで常に上位に位置している、今注目のフラッシュ脱毛器イーモリジュですが、何がすごいんでしょうか?

そのイーモリジュの効果を調べてみました。

まずは何と言っても、その脱毛パワーです。

昨年発売されて、こちらも大注目だったイーモリジュの元となったフラッシュ脱毛器のイーモですが、そのイーモに比べ、照射レベルは最大で45%もアップしています。

そのおかげで、脱毛の効果は絶大。

脱毛後は毛根も見当たらない、きれいなすべすべ肌。

このすべすべ肌にも、実は秘密があって、照射レベルは45%もアップしたにも関わらず、肌へのダメージは10分の1に軽減しているからなんです。

だから、きれいに脱毛しながら、肌をすべすべに保つことができるんですね。

また、このイーモリジュのすごい効果はそれだけではないんです。

なんと、使えば使うほど、脱毛効果が長くなるんです。

つまり、どういうことかと言うと、使い始めの頃は、脱毛後、2週間ほど経つと新しい毛が生えてきて、それをまた脱毛する感じになります。

しかし、その脱毛を何度か繰り返していくと、最初は2週間ぐらいで生えてきていた毛が、3週間、1か月と間隔が開いていくんです。

さらに使い続ければ、脱毛するのを忘れるぐらい脱毛効果が長くなるとか。

いくら簡単に脱毛ができるとは言っても、2、3週間に1回とかやっていると、段々面倒になってしまいますよね。

そういった煩わしさも、イーモリジュなら解決してくれるんですね。

さすが、永久脱毛と言われているだけのことはあります。

白髪の悩みはありませんか?

髪の悩みは様々ですが、若い人の間では白髪が増えることが悩みの種だという話もあります。

抜け毛や薄毛の悩みよりは、白髪の方がいいという方もいます。

食事の内容が偏っているために必要な栄養が摂取できず若白髪になるという方もいるので、食事面も気を配りましょう。

毛染めを使えば、白髪を目立たなくすることが可能です。

ですが、髪のカラーリングは髪自体にダメージを与えることがあります。

薬剤を髪につけて色を染めることになりますので、毛染めは体へのリスクもあるようです。

中には耳鳴りの要因になる毛染めもあります。

髪の悩みのいくつかは、遺伝や体質に由来するものもあります。

メンタル的な問題や、普段の食べているものが原因となることもあります。

髪はとてもデリケートなので急に白髪が増えたようであれば、食事に気を付けストレスをためないように心がけてみてください。

頭皮マッサージなど、血流を改善することによって毛根に栄養が行き渡り、白髪も改善されます。

美容院で相談すると、髪の悩みが解消できることもあります。

美容院でマッサージなどの地肌ケアをしてもらったり、正しい洗髪方法を聞いたり、シャンプーを美容院と同じものにするということもできます。

ストレスが白髪の元になることもありますので、白髪が増えたと悩みを強くすることで一層白髪が多くならないよう、心に余裕を持ちましょう。

髪を傷めないならイマージュ白髪染めがおすすめ。

フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトにはどういったリスクがあるでしょう。

深く刻まれたしわを目立たなくする効果がフェイスリフトには期待できます。

切除や縫合を必要とするフェイスリフトでは、肌への負担がかかります。

メスを用いるフェイスリフトの場合、手術痕は避けられません。

最近では小さな目立たない手術痕になるようですが、それでも知識がある人にはすぐわかるようです。

メス不要の方法も存在しますが、やはり切除する方がしわもたるみも取れます。

メスを入れ、筋肉や靭帯の位置を整えるフェイスリフトは確実性が期待できますが、術後の痛みや長く続く腫れなどがネックです。

靭帯や筋肉の位置を変えるのではなく、リフトアップ用のリボン、糸、プレートを皮膚に挿入するフェイスリフトもあります。

これらの手法のいいところは、メスがいらなかったり、わずかしか切らずにできることです。

術後の回復がとても早く、フェイスリフト手術の翌日からは仕事に行けるなど、周囲に気づかれにくいフェイスリフトといえるでしょう。

ただし、メスを使わないフェイスリフトはメスを入れる方法ほどの効果はなく、5年~20年で元の状態に戻ってしまうといいます。

フェイスリフトを受けたことで顔面の神経を損傷してしまったという事例もあり、表情の変化やまぶたの閉じにくさを訴える方もいるようです。

トラブルを未然に避けるために、フェイスリフトの技術力がある美容外科を選択してください。

一番長く色持ちする白髪染めはどんな種類のもの?

一番長持ちする白髪染めはヘアカラーと呼ばれているものです。

ヘアカラーは2つの液を混ぜて化学反応を起こさせながら髪を染めるというものですから、キューティクルの内部にまで浸透して色を染める事ができます。

ですから、色そのものが長持ちするのはヘアカラーだといえます。

ヘアスプレーはシャンプーで洗い流す事が出来ますし、ヘアマニキュアはすぐには落ちないとしても徐々に色は落ちていくのです。

ですから、長持ちするといえばヘアカラーが一番だといえるでしょう。

しかしながら注意しておきたい事は色が落ちないからといって白髪染めをする回数が少なくてすむというわけではないという事です。

髪の毛は生えてきますから、新しく生えてきた髪は白髪のままでしょう。

ですからこれを新たに染める必要があるのです。

まだ生えてきていない髪を染める事は不可能でしょう。

ですから、どの白髪染めを使ったとしても、回数を減らすという事はできないと考えておくのが良いと思います。

回数を減らす事ができないのであれば、出来るだけ1回の白髪染めにかかる時間を短くしたほうが良いのではないでしょうか。

そう考えたときには、出来るだけ簡単な方法を選ぶのが良いと思います。

例えばヘアカラーの場合でも最近ではスプレー式のものがあって、一瞬にして2つの液を混ぜてくれるものがあります。

このようなものを使えばヘアカラーの回数が増えても1回にかかる時間は短くなるために便利だといえるでしょう。

ガゴメ昆布白髪染め

▲Pagetop